大阪市立幼稚園PTA連絡協議会主催の情報サイトです

続、ブース制作ドキュメンタリー

2012, 5月 27日 by     続、ブース制作ドキュメンタリー はコメントを受け付けていません。    カテゴリー: イベント情報

5月24日

イベントを二日後にひかえ、いよいよ制作も大詰め。
今日は午後から天下茶屋幼稚園で作業です。
遊戯室(全園児が入れる体育館みたいなお部屋)にて、ブースで使用する長テーブル等も出し、実際の寸法で展示イメージをしながら最終仕上げをしています。

園庭では子供たちが遊んでいます。遊戯室が1階なので、子供たちがよく見えます。
園庭には畑もあり野菜の苗がいっぱい。丘陵地の森もあるので、かくれんぼもできます。たぶん探検!もできる。いやいや、子供たちはもっと面白い遊びを知ってるでしょうね。
良いですね、園庭が広いって。ウチの娘が通う園も園庭が広いです。僕と家内の幼稚園選びは「園庭が広いこと」でした。やっぱり走り回って体を使って遊ばないと体力がつかないですもんね。
子供たち全員分の野菜の植木鉢があります。しかし皆うまく植木鉢を避けて遊んでるなぁ。毎日水やりをして育ててるから、大切なことを知っているのですかね。物への愛着から分別が付くのでしょうか。自然と考える事を学ぶのかもしれません。んーウチでも実践してみよっ。
おっと、ブースを作らねば。
子供たちを見ながら作業してると、管理作業員さんが羨ましく思えます。
ええなぁ管理作業員さんって。そうだ、後で蔭山先生に幼稚園の管理作業員さんにはどうやったらなれるか聞いてみよ。

ってな感じで時間に追われながらも、のんびり作っています。
拡大印刷した物を形を整え配置してみます。


CDのタイトル「きぼうのおくりもの~Gift of Hope~」
そして、このCDを手にしていただいた方から「子供の音楽再生基金」への募金をお願いします。
この関連を説明するような看板でなく、大阪市立幼稚園の子供たちが被災地の子供たちのために、つまり「子供たちが主役!」と感じていただけるような看板を目指しています。

保育時間も終わり、園長先生の蔭山先生と一緒に作ってます。


余談ですが、蔭山園長先生はピアノの名手。先生とは昨年の5月に家内と僕との3人で、西成区PTA連絡協議会主催の震災復興チャリティコンサートでご一緒させていただいたのがご縁のきっかけ。
それ以来度々演奏をご一緒させていただいていますが、僕も家内もその練習の度に子育てのヒントをいただいています。
これが発見だらけで本当に凄い。
僕はPTA会長をさせていただいて初めて知りました。大阪市立幼稚園は保育だけではなく教育をしているということを。とにかく教育に関する研究量が膨大なんです。戦後から研究は始まっているとのこと。教育のスタイルは時代とともに変化していくのでしょうが、流行廃りの極端な振れ幅には左右されない、力を持った研究量だと感じました。とにかく話を聞けば聞くほど凄い。
「園庭が広いこと」だけで幼稚園を選んで、すいませんって感じです。
というか、通わせててラッキー!ですね。
というか、そういうこと幼稚園選びの頃に知ることが出来るようにしといてくださいよーです。
・・・でも解ります。誰しも自分の自慢を他人にするのは、なんかやらしいですもんね。

ちょっと脱線しましたが、ブース完成!


今川さん、蔭山先生、ご協力ありがとうございました。

5月26日(土)、27日(日)
ツムテンカク、帝塚山音楽祭、このブースを見かけられましたら、是非お立ち寄りください!
よろしくお願いいたします。

 

Comments are closed.