大阪市立幼稚園PTA連絡協議会主催の情報サイトです

りんごがひとつ

2012, 5月 18日 by     りんごがひとつ はコメントを受け付けていません。    カテゴリー: おすすめえほん

幼稚園の先生がおすすめの絵本を紹介します

(3~5歳) 「りんごがひとつ」ふくだすぐる 作・絵 岩崎書店

Q1 先生がこの絵本と出会われたのはいつ頃でしょうか

10年ほど前に出会いました

Q2 簡単なあらすじをお願いします

 りんごがひとつ、落ちていました。  動物たちは、みんなおなかをすかしています。 「えい!」とおさるがりんごをとって逃げ出します。  みんな、おおあわてでおさるを追いかけます。 「まてー!」にげるおさる、追う動物たち。おさるはとうとう、がけっぷちに追い詰められました。  動物たちは口々におさるを脅しますが・・・。

Q3 この絵本の魅力をお願いします

動物たち1匹1匹の、怒ったり、がっかりしたり、必死になっている表情が実に愉快に、豊かに表現されていて、はらはらしながら読み進めることができます。最後には、心が温まる結末が待っていてほっとできる本です

Q4 子どもたちに何を感じて欲しいですか?

次がどうなるのか気になってすごく集中して聞いてくれます。 相手の立場になることや、温かい心、思いやりの気持ちをはぐくんで欲しいと思います。

Q5 何歳頃に読み聞かせると良いでしょう?

3歳児~5歳児におすすめします。

Q6 どんなタイプの子どもに適していますか?

クラスの子どもたちのなかで、何となく気持ちが落ち着かなくてトラブルが多かったり、ざわざわしたりごそごそしたりすることがあります。そんなときにゆったりと時間をとって読み聞かせをすることが多かったように思います。特に5歳児は、絵本の情景になりきることができるので、登場人物の気持ちを、みんなで話し合ったりすることができやすい絵本です。

Comments are closed.